【新型コロナとセックス】今こそ知りたい!愛するパートナーとの関係性

新型コロナがこれだけ世界中で拡大している状況で、他人に聞くに聞けないセックスで感染してしまうのではという素朴な疑問。パートナーがいる男女には自然と出てくる問いかけも中々公に聞けないのが現状です。

海外でこの話題について広く紹介されていた医師にレポートした記事を見つけたのでここでお応えします。

新型コロナの感染拡大中セックスの安全性

新型コロナとセックスの安全性
もう何度も性行為をしている関係の長くつきあっている彼氏や彼女、もしくは夫婦の方など特定の人がいて同居して同じ環境で過ごしている相手とならば新型コロナウイルスの流行中でも関係を改善する必要はないと説いています。

一番の感染原因はキス(接吻)です。
唾液を通じて体内に取り込まれていきます。挿入だけでは移りません。
海外では飛沫が飛ばないようにセックスの途中(挿入中)もマスクの着用が推進されている国もあります。

オーラルセックスによる感染

クンニリングスやフェラチオだと感染確率が高まります。今は前戯は控えたほうが安心してパートナーと過ごせるかもしれません。

もし自分が発症したら

どちらか片方がかかってしまった場合には、すぐに隔離する必要性は同じです。
家の中でも2メートル以上離れるべきだそう。すぐに愛する人から離れてください

この方法が現実的でないことは私にもかわかります。ただしどちらか片方が発症したからと言って長く同居していたパートナーが同じだと自分で決めつけないことが愛する相手を守るためにも、感染を広げないためにも得策なのです

見知らぬ相手とのセックス

新型コロナでセックス拒否
新型コロナウイルスは潜伏期間が長く、発症するまでに時間が掛かり、感染していてもまったく症状が表に出てこない人もいます。一番怖いのは何も感染していないと思っていた人が他人に移して広めてしまうことです!

新しいパートナー(これまでに一度もセックスをしていない相手)との性交渉はしないほうが賢明。相手に移るリスクがあります。

いくら自分は元気であっても、今、現時点であなたが周りにウイルスをばらまいている可能性があることを熟知しておくべきです。

性行為した後に新型コロナを発症したら?

セックス後に新型コロナ発症
自分が新型コロナウイルス感染と知ったのなら、その直前に関係のあったパートナーには必ずそのことを正直に伝えるべきです。そして自らを周りから隔離しましょう。自分自身にも相手にも責任のある行動が求められます。

またその逆もあります。過去にセックスをした相手が感染したとしたら、自分にはまったく症状がなくてもまず自主隔離してコロナの症状が出始めたと思ったら最寄りの病院へ相談にいきましょう。

発症かな?と思ったらすぐに相談↓
厚生労働省各都道府県の相談窓口

コンドームは絶対必要か?

新型コロナとセックスでコンドームの必要性
新型コロナの感染回避のためにコンドームはあまり重要視されていません。子供を産みたいためにつけていなかっただとか、別の避妊法を取り入れていたり、熟年層であれば閉経後の女性との関係などこれまでコンドームを使用していなかった関係であれば、ずっとそのまま使わなくてもいいと言われています。

ただしゴムを使用しないほうが気持ちいいし、体外で射精すればいいと思っているなどの理由で使用していなかった男性がいたら新型コロナ以前に大問題!すぐに使用するようにしてください!

性器に触れただけでも感染するのか?

新型コロナのセックス中性器に触れたら
他人の性器に触れただけでは感染はしません。新型のコロナウイルスは唾液を通して感染します。口から手へ、その手で性器に触れ、誰かの鼻や口へ・・・。こうして広まっていきます。

カップルが性的関係を維持する方法

新型コロナとセックス関係の維持
すでにどちらかが発症していたらすぐにでも距離を置いてそれ以上に拡大されないようにするべきですが、どちらも発症がない場合、これまで通りのセックスを続けても問題はなさそうです。

しかしながら、何度も言う通り発症していないだけですでに感染してしまっている可能性も否定はできません。感染拡大を抑止するためにも現時点ではパートナーとの定期的なセックスではキスやオーラルセックスは控えめがよさそうです。

ただし自分と相手とのセックスに対する価値観や性欲のレベルが同じとは限りません。自分がセックスしたくなっても相手はまったくしたくないかもしれないし、いつもはそうでなくとも拒まれることだってあります。逆もありえるわけです。こういった世の中の状況だからこそ、お互いを尊重しながら話し合って良好ないちばんいい関係性を見出すことで、パートナーとの良い関係を長続きさせることができ、よりいっそう大切にすることができるでしょう。