ダイエットに効果的なエッチな行為!セックス以外でカロリーを消費するベスト6


好きな人とエッチなことするだけで痩せれるなんて素敵!ダイエットするだけでも気持ちが滅入るほど大変なのに、心身ともに気持ちよくなりながら無理せずダイエットにもなり得るエッチな行為を消費カロリーの順にランキング形式で並べてみました。これで今日から旦那さんと彼氏とも仲良く自然にはじめられます。

カロリーの消費量は男女で異なります。また年齢や体重、その人の持つ筋肉量によっても異なりますので、体重50キロの女性として平均的な基礎代謝量(カロリー)を計算しています。

服を脱がせる

8~10kcal
服を着たまま性行為に及ぶことに興奮を覚える着衣フェチの男性も一部に存在しますがそれは稀なこと。大概は服を脱ぎます。パートナーとの服を脱がせてあげたり脱がせてもらったりすることだけでもカロリー消費ができます。実に簡単です。

キス

60~70kcal
キスは、デスクワークで消費する75キロカロリーより少し少な目。プラスして大好きな彼とのドキドキ感などが加われば、心臓の鼓動が速くなることで血流が活発になってもう少し消費量がアップします。

マッサージ

80~90kcal
マッサージ=相手の身体に触れる行為だけでも徐々に気持ちが高ぶってセックスしてしまったなんてことも経験があると思いますが、マッサージしている側も腕や胸の筋肉を使い、マッサージされている側も血流が改善され基礎代謝のアップや脂肪燃焼という観点から効果があります。

オーラルセックス

90~110kcal
セックスに入る前戯として手や口を使って行う行為。前戯に時間をかけることでもカロリー消費量は高まります。

オナニー

120~160kcal
この数値は女性の平均ですが、男女で比較すると男性の場合150~220kcalとやや高く、オナニーの所要時間でみると女性が30分に対して男性は20分と1回のオナニーで消費するカロリーで計算すると男女ともにほぼ同じくらいになります。このことからイクまでの時間をできるだけ長くとったほうがカロリーが消費されることがわかります。

いちゃいちゃする

400~450kcal
大好きな相手とならいつまでもいちゃいちゃしていたいものですよね。エッチな予感を含むために心拍数も上昇。普段の時よりもエロい仕草や行為を行うとより興奮度がましてカロリー消費を高めるにも役立ちます!

セックスの場合

ちなみにセックスの場合250~400kcal。だいたい人間の運動に換算すると30分間のセックスは15分間のジョギングに匹敵するといわれています。